保存力

のする仕事移動経路に依らずに出発点と終着点の位置のみで決まるようなとき、保存力と言う。

 傾角θ の斜面ABがあるとき、(1)斜面に沿ってAからBまで質量mの物体を滑り落とすこともできるし、(2)斜面を瞬間的に取り去ってAから鉛直に床上のCまで落下させてから水平な床上をBまで移動させることもできます。
として、

(1)の方法では、物体に働く重力の斜面に沿う方向の成分が、距離dだけ仕事をします。重力のする仕事
(2)の方法では、重力距離だけ仕事をします。重力のする仕事
重力は、異なる経路で移動させても
(1)(2)のように仕事が等しくなるので保存力です。

ほかに、バネの弾性力、万有引力、クーロン力なども
保存力です。
摩擦力は、一方向に直線的に移動する場合には保存力として扱える場合がありますが、一般的に、行って戻る場合などは非保存力です。


保存力がある場合、保存力に逆らう外力のする仕事として位置エネルギーを考えることができます。


   物理基礎事項TOP   物理TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元