実数    関連問題

整数を整数で割るとき、商が整数にならないことがあります。そこで、整数を拡張して有理数という数を考えます。
分母・分子が整数になる分数の形に書ける数を
有理数と言います。
整数も分母が1の有理数と見なせば、有理数に含まれます。
有理数同志の和、差、積も有理数です。有理数を
0以外の有理数で割ったものも有理数です。

分母が
1でない自然数qで、分子が分母と互いに素な整数pであるとき、有理数を既約分数と言います。
円周率は有理数としては表せないことが知られています。

数直線上に目盛りをふることのできる数を実数と言います。
有理数ではない実数を
無理数と言います。は無理数です。

1は無理数です。(平方根参照)
なぜなら、仮にが有理数だとして、既約分数の形に置けたとします。つまり、pを整数,qを自然数だとして、
分母を払って
2乗すると、
これは、,従って、
p2の倍数だということを意味します。
p2の倍数のとき、4の倍数です。とおくと、

よって、q2の倍数ですが、pqが互いに素ではなくなり、が既約分数であることに反します。
即ち、は既約分数の形に表すことができず、有理数ではありません。は無理数です。

実数同志の和、差、積も実数です。実数を
0以外の実数で割ったものも実数です。
実数には、稠密という性質もあって、どのような
2個の実数abをとっても、を満たす実数cが存在します。つまり、数直線上に、実数は切れ目なくびっしり並んでいる、ということです。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元