積の微分法    関連問題

公式:


[証明]  (導関数について、微分を参照)
 
 
 


[説明] 積の微分法の公式は、
 
(前を微分)×(後はそのまま)(前はそのまま)×(後を微分)
という形をしています。

例.のとき、
(指数関数、三角関数の導関数については、微分の公式を参照)

 
 


3つの関数の積で表された関数の導関数は以下のようにして求めます。

 
 
 

3つのうちの1つを微分して他はそのままでかけて足す、という感じです。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元