数直線

直線上に2OEをとり、線分OEの長さを1とする。
OEと同じ側にある点については、Oとの距離を目盛りとし、
OEと逆側の点については、Oとの距離にマイナスをつけた値を目盛りとして、
直線に目盛りをふったものを
数直線という。
O原点、目盛りの数値を座標と言う。
原点の座標は
0Eの座標は1

数直線上の座標となりうる数が実数です。
数直線上の点
Pの座標がxだとして、原点Oとの距離xの絶対値になります。
普通は、原点
Oの右側の点の座標x,原点Oの左側の点の座標xとなるように、数直線を配置します。

数直線上の
2PQの座標がだとして、2PQの距離はになります。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元