1次関数

標準形:

1次式で表される関数1次関数です。

座標平面上で、1次関数のグラフは直線になります。
1次関数:の傾き(x1増加したときのyの変化量)ay切片(グラフがy軸と交わるときのy座標)b
なら右上がりのグラフ。
なら右下がりのグラフ。
のときは
x軸に平行な直線。

傾きが等しく
y切片が異なる2つの1次関数のグラフは互いに平行な2直線になります。


   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元