京大理系数学'12[6]

さいころをn回投げて出た目を順に,・・・,とする。さらに、
()
によって,・・・,を定める。
となる確率を求めよ。

解答 問題文を見てギョッとしますが、問題文の不等式が成り立つ事象の余事象を考え、それを2つの場合に分けて考えると、問題のカラクリが見えてきます。

() ・・・()
 ・・・(**)
のとき、となるのは、より、なので、のときだけです。
従って、 ・・・@
ここで
()を使ってのときの状況からのときの状況を考えることになります。
(**)とした不等式と、とした不等式を考え、の範囲との範囲を調べることになります。そこで、の範囲について、手がかりを得ておくことにします。
はさいころの目なので
1から6のいずれかです。()より、はさいころの目よりも僅かに大きな数で、となりそうです。
nが自然数のとき、であることが予想し、これを数学的帰納法で示しておくことにします。
のとき、です。
のとき、と仮定すると、より、です。
従って、数学的帰納法により、自然数nに対して、 ・・・A です。

のとき、より、が条件
()を満たすことはありません。つまり、を満たすのは、のときか、のときだけです。
さいころを
n回投げた状況から、回投げた状況を考えます。
n回投げたとき、(**)が満たされているときと、満たされていないときに分けて調べます。
(1) さいころをn回投げたとき、(**)が満たされていたとします。こうなる確率です。このとき、
ですが、なので、
 ・・・B
(確率)のとき、Bは、
となり、条件(**)は必ず満たされます。 ・・・C
(確率)のとき、Bは、
となり、条件(**)は必ず満たされます。 ・・・D
(2) さいころをn回投げたとき、(**)が満たされていないとします。こうなる確率はです。このとき、
または
ですが、の範囲が2つに分かれているので、別々に考えます。
(i) のとき、Aを考慮して、,よって、
 ・・・E
(確率)のとき、Eは、
となり、より、条件(**)は必ず満たされます。 ・・・F
(確率)のとき、Eは、
となり、条件(**)は満たされません。
(ii) のとき、Aを考慮して、,よって、
 ・・・G
(確率)のとき、Gは、
となり、条件(**)は満たされません。
(確率)のとき、Gは、
となり、条件(**)は必ず満たされます。 ・・・H
上記でC,Dが起こる確率は,Fが起こる確率は、となる確率をとしてです。Hが起こる確率は、となる確率をとしてです。
上記の検討より、さいころを回投げたとき、となる場合は、C,D,F,Hのいずれかに限られます。従って、その
確率は、
 ・・・I
となります。ここで、確率は、またはとなる事象の確率ですが、この事象はとなる事象の余事象です。よって、
これより、Iは、
 ・・・J
として、
 ・・・K ∴
J−Kより、
数列は、@より、初項:,公比:の等比数列です。
よって、
......[]


   京大理系数学TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元