定積分と面積    関連問題

において正数値をとる関数があるとき、定積分は、曲線と、直線,直線,及び、x軸で囲まれた部分の面積を表す(右図1)

証明は、
区分求積法による。

1.放物線と直線x軸で囲まれる部分の面積は、 ......[]


においてであるとき、定積分は、曲線,曲線,直線,直線で囲まれた部分の面積を表す(右図2)

[証明] 曲線と、直線,直線,及び、x軸で囲まれた部分の面積:
曲線と、直線,直線,及び、
x軸で囲まれた部分の面積:
よって、曲線,曲線,直線,直線で囲まれた部分の面積は、

(証明終)

2.放物線と直線y軸、直線で囲まれる部分の面積は、において、より、

 
 

3.放物線と直線と直線,直線で囲まれる部分の面積は、より、においてはにおいてはより、積分区間を、に分けて、








   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元