無限等比級数    関連問題

この項目は、等比数列等比数列の極限無限級数を参照してください。
初項,公比
rの等比数列の無限級数 (無限等比級数)は、
のときに和をもち、和は、


[証明] のときには、初項,公比rの等比数列の第n項までの和(部分和)
ここで、とすると、
のとき、より、
のときには、より、は発散します。
のときには、は振動するので、は発散します。

のときは、より、は発散します。
以上より、のときに限ってが収束して、となります。 
(証明終)

例.無限循環小数を分数に直すこと。

のように考えると、の部分は、初項
0.234,公比の無限等比級数になっています。
公比は、を満たすので、この無限等比級数は収束して和をもちます。
よって、上記の公式より、
......[]


   数学基礎事項TOP   数学TOP   TOPページに戻る

各問題の著作権は出題大学に属します。
©2005-2022
(有)りるらる
苦学楽学塾 随時入会受付中!
理系大学受験ネット塾苦学楽学塾(ご案内はこちら)ご入会は、
まず、こちらまでメールをお送りください。
 雑誌「大学への数学」出版元